植毛で何年もつかは方法で違いあり

植毛で何年もつかは方法によって違いがある

植毛で何年もつかは方法によって違いがある

薄毛を治療する方法の一つが植毛で、現在ではクリニックや病院で受ける男性が増えました。

AGA(男性型脱毛症)で悩む男性だけではなく、びまん性脱毛症やひこう性脱毛症で髪の毛が薄くなった女性も手術を受けていますよ。

そこで、「植毛による効果は何年もつのか?」という疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

  • せっかく高額の費用を支払って手術を受けても寿命が短ければ意味がない
  • 少しでも長持ちさせて理想のヘアスタイルをキープしたい

上記のように考えるのは当然で、植毛で手に入れた髪型が何年もつのかは薄毛の治療法を選ぶに当たって重要ですね。

植毛の寿命は手術の方法によって違いがあり、何年くらい持つのか目安を以下ではまとめてみました。

 

人工毛植毛の寿命は非常に短い

二ドークリニックを中心に、日本では人工毛を頭皮へと植え付けて薄毛を改善する人工毛植毛が実施されています。

人工毛植毛にどんな魅力的なポイントがあるのか幾つか見ていきましょう。

  • 現在では技術の発達により、自毛と変わらない質感の人工毛を植え付けられる
  • 別の場所からポリエステルやナイロンで作られた人工毛を植え付けるため、自毛植毛とは違って本数には制限がない(ツルツルまでハゲた男性でも大丈夫)
  • その日のうちに一気に髪の毛のボリュームアップができる

本数に制限なく移植して薄毛を治療できるところが大きなメリットでも、人工毛植毛の寿命は1年~2年と非常に短くなっています。

つまり、高額な費用を支払って手術を受けたとしても、数年後には元の髪型に戻ってしまいますので注意しなければなりません。

人工毛植毛で何年もつかは個人差がありますが、半永久的な効果を得られないのがデメリットなのです。

他にも、人工毛植毛には次のリスクがあります。

  • 頭皮に異物を植え込む形となるので拒絶反応が出やすい
  • 人工毛を植え付けた部位に炎症や感染症が引き起こされやすい
  • 周りの髪の毛のように人工毛は伸びないので不自然な髪型になりやすい

定期的なメンテナンスで手術を受けなければならないのに加えて、頭皮のトラブルのリスクがあるからこそ危険な方法なのです。

その証拠として人工毛植毛は既にアメリカでは手術が禁止されていますので、「直ぐに薄毛を改善できる」という事実に騙されて受けないようにしてください。

 

自毛植毛の寿命は一生涯に渡って続く

人工毛植毛とは異なり、自毛植毛の寿命は一生涯に渡って続きます。

「何年効果が持つのか・・・」と疑問を抱えている方は多いものの、一度クリニックや病院で手術を受ければ半永久的な効果を得られますので安心ですよ。

自毛植毛は10年後も20年後も同じ髪型を維持でき、その理由を以下ではまとめてみました。

  • 通常の髪の毛と同様に2年間~6年間の寿命の中で成長したり抜け落ちたりを繰り返す
  • 寿命が来て頭皮から抜け落ちたとしても、新たな自分の髪の毛が生えてくる
  • 薄毛部分へと移植するのはDHTの影響を受けにくい後頭部や側頭部の毛髪が使われる

ヘアサイクルを狂わせるDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けにくいドナーを採取して移植するのが自毛植毛で、生えてくる髪の毛は周りと変わりありません。

1年後でも10年後でも生え方や太さには違いがないため、一生涯に渡ってあなたの髪の毛を増やし続けてくれるメカニズムですね。

何年もつのか分からないだけではなく炎症や感染症のリスクのある人工毛植毛を受けるよりも、自毛植毛の方が遥かに効果も安全性も高いことはお分かり頂けるでしょう。

「どんなクリニックを選べば良いの?」と悩んでいる男性には、アイランドタワークリニックがおすすめです。

  • 他のクリニックとは違って自毛植毛の手術を専門的に行っている
  • 今までに20,000件を超える症例数を誇る(国内でナンバーワンのシェア率)
  • メスを使わずに移植できるFUE法(i-direct法)が採用されている
  • アフターケアやサポート体制がバッチリと整っている

アイランドタワークリニックには上記の特徴がありますので、効果が不確かで何年もつのか分からない人工毛植毛ではなく自毛植毛で薄毛のコンプレックスを解消してみてください。

 

アイランドタワークリニックの評判まとめ

 

-自毛植毛の基礎知識