自毛植毛の名医

2016/11/22

名医が在籍しているクリニックで自毛植毛を受けよう

名医が在籍しているクリニックで自毛植毛を受けよう
クリニックで自毛植毛の手術を考えているのであれば、施術方法や費用だけに拘るのではなく、名医を探す努力も怠ってはいけません。

自毛植毛はとても細かで繊細な作業が必要な外科手術であり、メスを使うにしても使わないにしても確かな技術力が必要となります。

そして、患者さんの希望を大事にし、残っている髪の毛の割合や流れている方向などを考慮しながら手術を行わなければならないのです。

つまり、技術力の低い医師の施術を受けると失敗する確率が高くなり、支払った費用が無駄になる可能性があるので、名医に処置を施してもらうことが非常に大事だと言えるのではないでしょうか。

自毛植毛は危険な手術というわけではありませんし、外科手術の中でも成功率は高いものの、満足のいく結果を得たいのであれば信頼できるクリニックと名医を見つけることが大事だと説明できます。

クリニックの公式サイトではドクターのプロフィールが掲載されているはずですし、実際に治療を受けた患者さんの体験談を参考にすれば、どこで自毛植毛を受ければ良いのかきちんと把握できるはずです。

  • 今まで何万人もの患者さんに自毛植毛を施している医療機関を選ぶ
  • 自毛植毛の技術力が高い名医が在籍しているのか調べる
  • 実際に手術を受けた患者さんの口コミや評判をチェックする

この3つはクリニックの選び方で押さえておかなければならないポイントで、大事なのは手術にかかる費用だけではありません。

自毛植毛は保険が適用されないので少しでも安い費用のクリニックを選びたくなる気持ちは分かるものの、失敗して無様なヘアスタイルになってしまっては意味がないのです。

国内で20,000件の症例数を誇るアイランドタワークリニックであれば、井川先生や坂本先生など自毛植毛の名医が在籍しているので個人の薄毛の症状に合わせた治療が受けられます。

何よりも自毛植毛を専門としているクリニックですし、高い定着率と増毛効果で満足している患者さんも多いので、是非アイランドタワークリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

>>> アイランドタワークリニックの公式サイト

 

自毛植毛の方式に限らず技術力が低いと失敗の原因になる

自毛植毛の名医ではなく技術力の低い医師による手術を受けると、失敗する確率は大きく高まるので注意が必要となります。

メスを使用するFUT方式を採用しているクリニックであれば、毛包を移植した後に傷口を縫い合わせなければならず、経験の浅いドクターであればその傷口が広がるかもしれません。

メスを使わないFUE方式でも、医師の経験値が浅ければ毛包をくり抜く際に毛根を傷付けてしまい、脱毛部分に定着せず薄毛の改善に繋がらないのです。

このように、自毛植毛の手術で成功するかどうかは、ドクターの経験値と技術力に左右されるため、名医を探すことが大事だとお分かり頂けるのではないでしょうか。

実際に手術を受けてみなければ確かなことは分からないものの、事前に調べておけば少しでも失敗のリスクを下げられるはずです。

また、無料カウンセリングの対応で判断するのも良いかもしれません。

  • 患者さんの悩みをしっかりとヒアリングして解決策を練ってくれる
  • 自毛植毛やAGA治療に関する説明を丁寧に行ってくれる
  • 無理矢理自毛植毛を勧めるような真似はしない

こういったクリニックへと相談すれば安心できます。

身体的な負担も医師の技術一つにかかっておりますし、主治医をサポートするスタッフの質も大事なので、クリニック全体の質が良い場所を探すようにしてください。

-自毛植毛の選び方