生え際を下げる!おでこの自毛植毛

2017/02/15

生え際を下げる方法!おでこへと自毛植毛を受けよう

生え際を下げる方法!おでこへと自毛植毛を受けよう
男性が年齢を重ねるとともに発症しやすい薄毛のことをAGA(男性型脱毛症)と呼び、生え際の後退はその典型的な症状の一つとなっています。

生え際がどんどん後退していくことでおでこが広くなり、人目につきやすいということで気にしている男性の方は多いかもしれません。

この生え際の薄毛を改善できる(生え際を下げる)方法の一つが自毛植毛で、自分の後頭部や側頭部の髪の毛を使用することでコンプレックスを根本的に解消できます。

女性であれば、多少はおでこが出ていてもチャームポイントになるかもしれませんが、男性が好意的に見られるケースは少ないはずです。

周囲の人間からからかわれたり女性にモテなかったりという原因になるため、自毛植毛で生え際の薄毛の治療を行うのは選択肢の一つだと説明できます。

生え際は頭皮の中でも血管の数が少なくて血行不良に陥りやすく、男性ホルモンを抑制するプロペシアや血行改善を図るミノキシジルだけでは薄毛の改善に至らないことが多いのです。

しかも、血行不良を長期間に渡って放置していると以下のようなトラブルへと発展します。

  • 肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れてフケが出る
  • 大量に出たフケが頭皮に留まって痒みに繋がる
  • 古い角質が残ってニキビや吹き出物などの肌荒れが悪化する

AGAの症状は年齢とともに少しずつ進行するという特徴がありますし、放置していればおでこはだんだんと広くなっていくため、自毛植毛で毛髪の移植を行い、全体の毛量を少し下げる処置は非常に良い方法なのではないでしょうか。

頭頂部の薄毛と比べて生え際の薄毛を改善する場合は植毛株数が少なくて良いという特徴があり、FUT法であれば500グラフト~1,000グラフト、FUE法であれば385グラフト~770グラフトで済みます。

もちろん、個人の症状によって必要な本数は大きく異なるので、自毛植毛で生え際を下げたいと考えている方は当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックがおすすめです。

専用のパンチグラフトを使って毛根を採取して移植するので傷跡が目立ちにくい
症例数が既に20,000件を超えていて国内ではナンバーワン
前頭部でも頭頂部でも個人の薄毛の範囲に合わせて適切な手術を行ってくれる
術前に後頭部を刈り上げずにドナーを採取するi-direct法も実施されている

上記のような特徴があり、自毛植毛で薄毛を克服したい方専用の医療機関なので一度アイランドタワークリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

>>> アイランドタワークリニックの公式サイト

 

生え際やおでこへの自毛植毛でかかる費用は?

生え際やおでこへの自毛植毛でかかる費用は?
生え際の薄毛やおでこの広さで悩んでいる男性にとって自毛植毛は効果的な選択肢で、その理由をまとめてみました。

  • 現代の医療では定着率が95%程度で効果が不確かな育毛剤や育毛シャンプーとは異なり、確実に薄毛部分へと髪の毛を増やせる
  • ミノキシジルの副作用や人工毛植毛の拒絶反応といったリスクがない
  • 周囲の髪の毛と同じスピードで伸び、散髪やスタイリングが簡単
  • 元々自分の頭皮に生えている髪の毛を使うので自然な仕上がりになる

こういったメリットがあり、生え際の薄毛で悩んでいるのは何も欧米人だけではありません。

AGAを発症している日本人にも適した治療なのですが、「一体どのくらいの費用がかかるのだろうか?」といった不安が残ります。

生え際の薄さには個人差があるので一概には説明できないものの、頭頂部と比較すると少ない本数で済むのが特徴です。

上記でご紹介したアイランドタワークリニックは基本治療費が20万円、1グラフト当たりの移植費用が1,200円と設定されており、植え付ける本数でどの程度変わるのか見ていきましょう。

  • 200グラフトの移植で44万円
  • 500グラフトの移植で80万円
  • 1,000グラフトの移植で140万円

費用は全額自己負担となるので保険は適用されませんが、生え際のちょっとしたM字ハゲを自毛植毛で治すのであれば500グラフトでも変化を得られます。

熟練の医師が既存の髪の毛の流れや向きを考慮して植え付けるので、ヘアラインがガタガタになる心配はありません。

もちろん、国内でナンバーワンのシェア率を誇るアイランドタワークリニックだからこそ成せる業で、生え際も頭頂部もクリニック選びが大事な点では一緒です。

 

生え際・おでこの自毛植毛費用を抑えたい人にはTOMクリニックがおすすめ!

生え際・おでこの自毛植毛費用を抑えたい人にはTOMクリニックがおすすめ!

  • 前髪の生え際が後退していてM字ハゲを引き起こしている
  • 前頭部のAGAを発症しておでこが徐々に広がっている

このような症状の男性には自毛植毛が適しており、費用を抑えたいのであればTOMクリニックがおすすめです。

アイランドタワークリニックのように20,000件を超える症例数を誇る医療機関ではありませんが、費用の面では確実に勝っています。

  • 500グラフトの移植で34万円
  • 750グラフトの移植で45万円
  • 1,000グラフトの移植で60万円

1,000グラフトで比較してみると、TOMクリニックはアイランドタワークリニックよりも80万円も安いのです。

安かろう悪かろうというクリニックではありませんし、その証拠として最先端の自毛植毛のARTAS(アルタス)が取り入れられています。

ロボットのARTAS(アルタス)を使ってスピーディーに植え付け、生着率を高めた自毛植毛が受けられるのでTOMクリニックも選択肢の一つに入れてみてください。

 

>>> TOMクリニックの公式サイト

 

生え際・おでこに自毛植毛をする際は医師に相談を

さて、前頭部の付近に自毛植毛の手術を施すことにより、生え際のラインを下げたり好みのデザインに仕上げたりと、個人が求めるスタイルに合わせて薄毛を克服できます。

生え際の部分的な修正であれば保険外治療の自毛植毛でも安く済ませられますし、おでこの広がりを予防できるのです。

ただし、生え際に自毛植毛を行う場合は、髪の毛の生える向きや角度を慎重に考慮しなければならず、高い技術が要求されます。

技術力の低い医師に処置を施してもらうと生え際のラインを下げるどころか、剃り込みが直角になってラインが不自然になるかもしれないので十分に注意しなければなりません。

それに、ただおでこ部分の髪の毛の量を増やせば良いという単純な話ではなく、あまりにも濃すぎると周囲の毛髪とのバランスが取れなくなり、不自然なヘアスタイルに仕上がってしまいます。

濃さを重視するだけではなく、自然に見えなければ薄毛の改善には繋がらないため、自毛植毛を行い生え際を下げる場合は事前に医師と綿密な相談を練るようにしましょう。

アイランドタワークリニックであれば症例も豊富なので安心して相談してみ下さい。

 

生え際の薄毛を対策する効果的な方法

男性が引き起こすAGAは複数のタイプに分けられ、「頭頂部から進行する」「生え際から進行する」と個人によって異なります。

「自分は頭頂部から進行して自毛植毛を受けたから安心」と考えている男性はいますが、別の部位に悪影響が出ないと言い切ることはできません。

年齢を重ねて前頭部の抜け毛も増え、おでこが広がるケースも考えられるので日常生活の中で生え際の薄毛を対策すべきです。

以下では自宅で行える生え際の薄毛の効果的な対策をまとめてみたので、一度実践してみましょう。

  • 入浴中の頭皮が温まっている時にマッサージをして血行不良を改善する
  • 発毛効果を得られるミノキシジルが含まれた育毛剤を塗布する
  • 髪の毛の成長に必要な栄養分を補給するためにサプリメントを摂取する
  • 頭皮の皮脂を適度に残して洗浄できるアミノ酸系シャンプーを使う

もちろん、生え際だけではなく頭頂部の薄毛の予防としても適しており、毎日のケアによってフサフサの状態を維持できるかどうか変わります。

身体の外側と内側の両方から対策を行い、理想のヘアスタイルを手に入れる努力をしてみてください。

-自毛植毛の選び方