自毛植毛後は安静にしなければならない?

2016/11/11

自毛植毛後は安静にしなければならないの?

自毛植毛後は安静にしなければならないの?
自毛植毛を受けた後は頭皮がデリケートな状態となっており、刺激を加えると定着率が下がる原因となるので安静にしておくべきです。

近年では頭皮にメスを入れずに移植するFUE法による自毛植毛が主流となり、一昔前と比べて格段に安全性は増しました。

それでも、術後から数日間は移植毛の毛根と毛細血管が結ばれて生着する大切な時期なので、安静にしなければならない理由はお分かり頂けるはずです。

オフィスでのデスクワークや事務職がメインというサラリーマンならば仕事を休む必要はなく、自毛植毛を受けた翌日から仕事を再開できます。

当日は頭部に包帯を巻いて過ごさなければならないものの、翌日には外せるので仕事に支障は出ないでしょう。

どうしても不安ならば以下のようなプランがおすすめです。

  1. 事前にカウンセリングを受けて土曜日にクリニックで自毛植毛の手術を受ける
  2. 日曜日にもう一度クリニックへと訪れて傷口のチェックを行いその後は安静に過ごす
  3. 月曜日から普段と同じように仕事を再開する

普通のサラリーマンならば土曜日と日曜日はお休みだと思いますし、営業で歩き回る仕事がメインならば月曜日に有給休暇を取って刺激を避けた方が良いかもしれません。

「自毛植毛後は○○日間で仕事に復帰できる」という目安はありませんが、定着率が下がって大事な髪の毛を失わないためにも細心の注意を払った方が良いのです。

当サイトでは、自毛植毛を実施している医療機関の中でも、国内で最も高いシェア率を誇っているアイランドタワークリニックをおすすめしています。

育毛のためにあれこれと時間やお金を費やして結果が出ないと諦めてしまうかもしれませんが、自毛植毛という最終手段が残っているのでアイランドタワークリニックでまずは相談してみてください。

 

>>> アイランドタワークリニックの公式サイト

 

入院せずに日帰りで処置を受けられる自毛植毛

手術と聞くと麻酔を打って身体にメスを入れ、術後は病院のベッドで寝て安静に過ごすというイメージがあるかもしれません。

しかし、自分の髪の毛を移植する自毛植毛は想像以上に身体へのダメージが少なく、入院せずに日帰りで受けることができます。

「数日間は激しい運動を避ける」「当日は髪の毛を濡らしてはいけない」と過ごし方には幾つかの制約があるものの、基本的には普段通りの生活を送れるのです。

上記でご紹介したアイランドタワークリニックはメスを使わないダイレクト法による自毛植毛が実施されているため、術後の痛みは少なく傷跡の形成のリスクも皆無だと言えます。

美容整形と同じように安全に手術を受けられるようになったので、薄毛治療の選択肢の一つとして考えてみてください。

定期的な診断は受けるべき

自毛植毛を受けて数週間が経過し、頭皮の出血や腫れがおさまって移植したドナーが定着すればもう問題はありません。

とは言え、外科的な手術を受ける以上は少なからずリスクがあり、生えてこない可能性もゼロではないので定期的な診断をクリニックで受けるべきです。

アイランドタワークリニックでは手術の翌日だけではなく、半年後や1年後に定期的な検診が実施されています。

  • 手術を受けた部位の頭皮の状態は安定しているのか?
  • 移植した髪の毛はきちんと生えてきているのか?
  • 合併症は引き起こされていないか?

定期健診ではこのようなチェックを行い、無料で診断してくれるので受けた方が良いのは間違いありません。

万全のアフター体制が敷かれているクリニックなので、医師の指示に従ってください。

-自毛植毛の術後